About us

Our Story

バトとショーンは京都大学大学院MBAコース在学中に出会う。 2人はそれぞれITとガス産業の分野で長年経験を積み、次のキャリアを模索中であった。大学院で日本のクラフトビール産業について共同研究をすることになり、最終学年のプロジェクトを兼ねてブルワリーを立ち上げることを決意。その後理子が加わり、Two Rabbits Brewing Companyが誕生。

会社名の由来は、起業前まだ何をするか決めきれず日々色々な起業アイディアを話していたショーンに理子が言ったことわざ”二兎を追う者は一兎をも得ず”から来ている。
このことわざを逆説的に捉え、一つのことに決めてこれを極めるべく精進して行く、という意味を込めてTwo Rabbitsを会社名に決定した。

Our Team

Ayako Collett
CO-founder/CEO

大学と就労でオーストラリアに10年の在住経験があり、この間に美しいビーチでクラフトビールを味わう楽しみを覚えた。前職は小学校教員で、まとめ役として、またデザインの分野で貢献しており、会社名とロゴを作成。趣味はヴァイオリン演奏とヨガ。

Batbaatar Purev-Ochir
CO-founder/Executive Director

大学進学を期に来日し卒業後就労、日本在住14年目。企業業務改善コンサルタントとして高度の専門知識とビジネス経験を積む。サッカー観戦、音楽と多趣味であるが、一番の至福は長年かけて集めたLPレコードを聴きながらクラフトビールを飲む時間である。

Sean Collett
Co-founder/head brewer

オーストラリア在住時、長年趣味として自宅でビール醸造の経験を積む。起業を機に豪州国立醸造学校でスティーヴン ネルセン氏に師事。ブルワリーにいない時間は愛車のレトロミニクーパーを磨いたり、フライフィッシングギア片手にマスを追いかけたり、2歳の息子と全力で遊んだりしている。

Environmental Responsibility

環境への責任
世界規模で考え、地域単位で行動する

クラフトビールは全て自然由来の原材料からできていますが、醸造業界特有の環境問題もあります。それは水を大量に使用するということです。私たちの醸造所は 水の使用量、廃棄量、そしてエネルギー消費量を可能な限り抑制できる設備を使用しています。また醸造時に多量に出るモルト粕は地元の養豚場にエサとして提供し、可能な限り無駄のない循環型企業を目指しています。

日本最大というだけでなく、世界有数の淡水湖でもある琵琶湖は日本の自然と歴史のアイコンとなっており、無数の昆虫類、魚類、鳥類の生息地で毎年多数の貴重な渡鳥も訪れます。その湖畔近くに拠点を構える私たちには琵琶湖の環境保護の責任の一端があると考え、Two Rabbits Brewing Company は地域の方々と共に環境保護と宣伝活動に取り組むつもりです。詳細はまたこちらでお知らせいたします!

Our Beer

Check out some of our latest completed projects.

Contact

Get in touch with us today!